建設業許可の抜け道はあるのか?

建設業許可の抜け道

建設業許可の抜け道

建設業許可を取得したいが要件が整っていない。その時に「許可を取るための抜け道があるんじゃないか?」と考えられる方が一定数います。しかし、結論を先に申し上げると抜け道なんて存在しません。ヒアリングすると依頼者の勘違いで取得できるのに取得できないと思われている方がいるくらいです。では、どのような勘違いがよくあるのでしょうか?

国家資格が必須

特に国家資格が必須ということではありません。専任技術者が必要なので資格が必要と思われている方もいますが、実務経験で10年以上証明が出来ればいいだけです。貴方の建設業で従業員や独立して10年以上経っていますか?合計で10年以上あればいいので、従業員で5年、独立して5年でも大丈夫ということになります。

預金が常に500万円必須

常に500万円必須という事ではありません。500万円資金を調達する能力が必要という訳で、それを証明すればいいのです。要するに、500万円ある時に残高証明書をとって、その後に何らかの支払いで450万円になったからといって建設業許可の取消しになる訳ではないのです。

契約書等が10年分全て必要

行政庁によっては契約書等が120ヵ月分必要な所もあるようですね。それ聞いてマジカ・・・と思いましたが、福岡は1年1枚でいいですので10枚あれば大丈夫なんです。120枚契約書等がいるって大変ですよね。

まとめ

何度も言うようですが建設業許可の抜け道は絶対に存在しません。要件が整っている事は最低条件なので、整っていない以上許可は取れません。もしかしたら、要件自体を知らなかったり、勘違いしている可能性もあるので、心配であれば弊所にご相談ください。

Follow me!